FC2ブログ

Entries

うちの内的家族システム

ヴァン・デア・コーク著の『身体はトラウマを記録する』を、色んな理由から読み進められなかった(頭がついていかなかったり、なんか苦しくなったり)んですけど、内的家族の章に辿り着きました。自我状態療法に似てますね?

内的家族システム療法とは…、私たちの心はいくつもの部分に分かれてバランスをとっていますが、被虐待者はその内部システムに歪みや故障が生じ、以下のような人達(?)がシステムを守っているという考えに基づいています。

追放者:トラウマを受け持つ「身代わり」耐えがたい重荷は有害なものとして追放されている。
管理者:(ある程度) 冷静で合理的な方法で追放者を締め出し身体の指揮をとる。仕事に打ち込むことで意識から遠ざける、追放者を刺激しないよう引きこもる、など方法は様々
消防士:追放者が刺激を受けた時、有無を言わさず鎮火する。自傷、飲酒、異性、ゲームに耽るなどで追放者の恐怖や羞恥心を鈍らせ逸らす。衝動的な行動を取ることもある。
セルフ:上記の者によって守られた無傷の部分(があると信じられている)

前に自分で『自我状態療法』ぽい事をした時に出てきた人達に当てはめると

2018101610361255d.jpg

追放子
この子は「追放者」で

「管理者」は私だと思います。「私がこの子を切り離した」とか「取り込むことはできない」とか書いてます。
消防士ぽい人がいないのですが、割と穏当な方法で(本、ネット、ゲーム)で誤魔化しているので、管理者兼任なのかもしれませんし、子供っぽい姿の
いたずらっ子
かもしれません

おばさん
この人が「セルフ」かなぁ。おばさんだしね

粒子さん



自己流でこの内的家族を呼び出してみても、何も話してくれませんでしたが、たったこれだけの事でも大分楽になりました。
追放者を受け入れたい気持ちになったからもしれません、でも器がない。それが問題。
この人が本格的に起きたら大いに荒ぶりそうですからねぇ。💦
その時に新キャラ「消防士」が出てくるのかもしれません……。

関連記事

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ PTSD・トラウマへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル 自分と向き合うへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 社会不安障害へ

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

ミドリン

Author:ミドリン
双極性障害Ⅱとか社交不安障害とか複雑性PTSDとか。少しでもポンコツを治して、子どもの荷物にならないようにしたいと思います。

最新記事

検索フォーム