FC2ブログ

Entries

はじめましてのご挨拶

こんにちは(^∇^)ノ
ミドリンと申します。メンタル残念なおばさんです。
若い頃からチョコチョコと足掻いてましたが、はかばかしい回復がなく
この頃はすっかりヤサグレていました。
発達性トラウマという言葉を知って、これまでで一番しっくりくるので、この線でもう一度回復を目指してみようと思いました。どうかよろしくお願いします。

これまでに頂いた診断は、抑うつ状態、社交不安障害、双極性障害Ⅱ型、
自分で疑っているのは、複雑性PTSDです。

今この本を読んでます↓


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ PTSD・トラウマへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル 自分と向き合うへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 社会不安障害へ

心のありか

『心はどこにある?--それは脳』みたいな特集をどこかで見た気がしますが、体感としては身体、肺のあたりじゃないでしょうか。
実は長いこと心の存在感を感じずに過ごしていて、一昨日心を再発見したところなのです。非科学的でも語ります。😁

しばらく前から、「死にたい」というワードがしばしば頭に浮かぶので、頭に隙を与えないようにゲームやネットで常に頭にデータを流し込む日々でした。
この「死にたい」ワードを発するのは「私」ではありません。いや私なんだろうけど、私じゃない感がすごいの。
何だろうコレ潜在意識?あんた本当は死にたいの? おーい心よー!
・・・何かチクッとする。心という単語に身体から反応がある?!
変な事言ってるなと思うんですが、「こころ」を呼んだら肺の裏側あたりに何の存在を感じるようになって、その状態だとネガティブワードはあんまり浮かんでこないのです。これ、心じゃないでしょうか?
頭の中にいた自意識の何割かがそっちに行った感じで、頭の騒がしさが落ちつきます。。。

【仮説】
心が(体感的に)身体に収まっていると精神的に安定する。
心のリソースが頭に動員されると「過覚醒」になる


なんてね

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ PTSD・トラウマへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル 自分と向き合うへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 社会不安障害へ

蔑みと恥が怖い、のが核(1)


やっぱりおおかみ (こどものとも傑作集)

「やっぱりおおかみ」という絵本が好きです。
リンクちゃんと表示されてますか?amazonさんの方がいいのかな…。(楽天からamazonに変えました)

この絵本、健常者にとっては中二病、愛着に難がある人の疎外感には癒しに感じるかもです。
あ…状態によっては絶望が深くなるかも…。

私は『オオカミ』じゃなくてロバかなんかで、町の住民はサラブレッドとかなんですけどね。
《つづく》

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ PTSD・トラウマへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル 自分と向き合うへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 社会不安障害へ

カウンセリング行こうかな

かかりつけ医に行ってよいかと尋ねてOKが出ました。が、どこに行けばよいか分かりません。
綺麗なWEBサイトを見てもピンとこないの、爽やかで私が行っちゃいけない気がする。ドロドロですいません、みたいな。

医師 「どんな相談をしたいの?考え方を変えたいとか?」
ミド 「・・・育ちが悪いので」(ここまでで声出なくなる)

こういう時、胴体の中が何かで一杯になってパニックか感情爆発かをしそうになるので、フーッフーッと息を吐いて立て直すのに精一杯になる結果、喋れなくなります。
それに、具体的な記憶や気持ちが浮かんでいるわけじゃないので、喋る内容もないです…。

喋れないんじゃカウンセリングに行ってもなぁ。でも治りたいんだよねー。

死にかけたとかレイプされたとか、そういう衝撃体験をしたわけじゃないのに、なんでこうなるんでしょうね?

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ PTSD・トラウマへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル 自分と向き合うへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 社会不安障害へ

蔑みと恥が怖い、のが核(2)

こんばんは、ポンコツですみませんミドリンです。

20180921104937e17.jpg

この頃よく浮かぶ情景があります。
黒いシルエットの女の子達(小学低学年)が、時計の文字盤みたいにぐるっと輪になっていて、円の中心に子供の自分がいる。
輪の子達は3-4人ずつグループになっていて、基本背を向けている。
2割くらいが私をチラチラ見たりヒソヒソしている。
差別よくないカワイソウ…みたいな真面目な子が一人。
残りは遠巻き組とこちらには無関心でおしゃべりに夢中。
私はうつむいて屈辱感に苛まれている。
これはインナーチャイルドなのかな?

ウチは…というか母が変わっていて、常識がズレていたり躾けられてなかったりで、私はおかしな子だったと思われます。物理的な家も納屋みたいなボロ家で、たぶんクラス1の貧乏でした。ヒソヒソのネタが豊富です。

ある日の光景
女の子が一人近づいてきて、何か尋ねる。例えば「お風呂毎日入ってる?」ミド「3日に一回くらい」女の子は「ふうん」と言ってグループに帰って報告。「えー」グループが沸いて、チラチラ、面白そうな、蔑んだ目。
(オカシかったんだ…間違ってるんだ…)居ても立っても居られない恥ずかしさ。でも何故か泣くことも逃げることもできず。
そんな事が積み重なって、自分はみんなより一段低い身分というような感覚が刻まれてしまいました。
実際に身分制度があった頃は、高貴な人が少数派、身分が低い人が多数だけど、私の世界では私だけが下賤の身というw。

恥ずかしい、悔しい

実はこの感情を持っていた事に気付いたのは、ごく最近です。忘れてたのか避けていたのか、いずれにせよトラウマの核になってる気がします。他にもあるけど、とりあえず一個。

あ、女の子達に恨みはないです、ただ年相応にナチュラルだっただけで。
でも人が怖い。ソレはソレ、アレはアレ。



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ PTSD・トラウマへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル 自分と向き合うへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 社会不安障害へ

記憶飛びを思い出しました

大した話じゃなくてすみません、ミドリンです。

死ぬような目にあった事がない、と思ってたけど…一つありました。
4-5歳くらいの頃、波止場で海に落ちて、よその人に助けられたんですけど、
落ちる直前グラっとバランスを崩した、と思ったら次にはタオルに包まれて車に乗っていて、落ちた間の記憶がありません。
見ていた人によると、目を見開いて、もがかず真っ直ぐ沈んでいったそうなので気絶してたわけじゃないんですよね。
動いてなかったのは『凍りつき』というものかな?
事故前後の記憶がないってよく聞きますけど、本当にあるんですねぇ。
で、トラウマになったかと言うと全然で、海も水も平気!プール大好き!な小学生に育ちましたヨ😉

その日は家族で釣りに来ていて、私はする事がなくてほっつき歩いてました(放置ヨクナイ)
助けてくれた方は、近くで何か作業をしていて(あの子供危ないなぁ)とずっと気にして下さっていて(そういえば、おじさんが睨んでるーと思った記憶が…)、落ちた瞬間走り出して下さったそうです。見ず知らずの子供にありがとうございます。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ PTSD・トラウマへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル 自分と向き合うへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 社会不安障害へ

ポンコツ主婦の日常

こんにちは。今日は私のポンコツ加減を申告したいと思います。

まず朝、何とか起きてハムとパンと果物を並べるだけの朝食を子どもに用意します。
私はヨーグルトを食べて薬を飲み、洗濯機をしかけ、子どもが登校したらベッドに戻ってウダウダします。
ネットしたり、ゲームしたり。最近しているのは『タクティクスオウガ』ですね。
二時間くらいウダウダしたら、薬が効いてくるのかエンジンがかかって動き始めます。
でもポンコツなので、掃除、洗濯、買い物、料理が全部できたら快挙!です。
お昼は食べない事が多く、夜は7割普通に作り、2割手抜き、1割宅配とかとっちゃいます。

3ヶ月にいっぺんくらい、全ての脳内バランス?がうまくいって、何も考えなくてもスイスイ動ける日があります。あれしなきゃと思った時には、もう取りかかっている。普段はあれしなきゃーから何日もウダウダして自己嫌悪を貯めているというのに。
昔、私、こうだったよね…?と、ポンコツ歴が長すぎて戸惑うほどの動き(世間的には普通かも)
以前は正社員で仕事して、勉強して、バイトも行ってたから…この位動いてたんだろうけど、信じられん。

…と、そういう日が稀に1-2日ある以外はポンコツ人生歩んでいます。

ポンコツミドリンは、学校の集まりや、旅行や、ランチ会などのイレギュラーがあると、一週間前からプレッシャーを感じ始め、当日は安定剤を飲んで迎え、言わなくていい事を言って(コミュ障が無理して明るげにした感じ)、その後3日くらい寝たり起きたりの生活になります。

普段はボケーっとしてますが、心療内科に言って「どうでしたか?」と聞かれると、喉が詰まって涙が滲んで来ます。意味不明。
「死にたいと思った?」→首を振る
「眠れてる?」→ うなずく
という具合にジェスチャーで問診が進み、お薬が決まって、頭を下げて帰ります。

もしかしたら、子どもを育てている中で、自分の生育歴の悪さが無自覚にフラッシュバックしてるのかもしれません。
子どもには、可愛い袋物を縫ったり、弁当を飾ったり、髪を結ったり、何するにも「標準よりちょっとだけ良さめ」にしてあげたいというのがあって、それで自分が癒されてるんだけど、何かズキリとするものもあって。

例えば、運動会にリラックマのおにぎりをリクエストされて、ノリノリで作っていたら、

(お弁当…作ってもらえないから運動会はずる休み…「お前の足が太くてドタドタ走るのが見たくない」って。弁当を買うお金はくれる…でも誰も、一人で弁当買って食べてる子はいない。みんな家族のレジャーシートに走っていく、体操着で、外に行っていいのかな、お金は教室のリュックの中だ、教室に行っていいのかな。どうしようどうしよう)
こんなのが渦巻く。

こういうきっかけが子育ての中に散りばめられているので、手が離れるまでは一進一退かもしれません。
決して「子どものせい」ではない、子どもは「私が欲しくて」作った。

そういえば、どんな風に育てたい?と夫に聞かれて、「今の基準の普通からかけ離れないように」と言ったら、わりと(ふん)みたいな反応で、誤解されたなぁと思った。
夫は生家が住宅雑誌に載るくらいの中流以上の人。一方クラスでうちだけ電話がないとか、普通から(下方向の)乖離が満載だったポンコツは、人並みの事はしてあげたい、変な注目は浴びさせたくない、って思いが咄嗟にでてしまった。
ふつうなら『愛情いっぱいにのびのびと』とか『いろんな体験をさせたい』とか、普通の一歩先を見てるんだろうな、だって『普通』は当たり前なんだから。

と、へこみ根性も搭載のポンコツ。

そんなこんなで、子ども関係は何とか動けるけど、少ないエネルギーを使い果たすのか、他が全然です。お風呂週に二回とか。w
こんな感じで生きてます。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ PTSD・トラウマへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル 自分と向き合うへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 社会不安障害へ

Appendix

プロフィール

ミドリン

Author:ミドリン
双極性障害Ⅱとか社交不安障害とか複雑性PTSDとか。少しでもポンコツを治して、子どもの荷物にならないようにしたいと思います。

最新記事

検索フォーム